保険会社の決算時に責任準備金を全契約について再計算し、前期から繰越してきた責任準備金を全額戻し入れして、期末保有契約に対する責任準備金を繰入する額のことです。
責任準備金は期中には移動させず、期末に扱われます。