純保険料のうち、後年に繰り越して蓄積される保険料のことです。
「蓄積保険料」とも呼ばれます。
計上される純保険料は、後年に繰り越して蓄積される「貯蓄(蓄積)保険料」と、当該年度の危険の保障に使用される「危険保険料」とから成っています。