被保険者が保険期間の満了時まで生存した場合に、満期保険金が支払われる保険です。
保険期間中に被保険者が災害や所定の感染症により死亡した場合には、満期保険金と同額またはそれ以上の額の災害死亡保険金が支払われます。
災害や所定の感染症によらずに死亡した場合には、すでに払い込まれた保険料相当額程度の死亡給付金が支払われるのが一般的です。
保険期間は生命保険としては比較的短く、5年ものが中心で、短期間における資金の蓄積がこの保険の主な利用目的となります。