保険料算出の基礎とした予定事業費率と実際の事業費率との1事業年度内における差によって生じるもので、当該事業年度における付加保険料の総額と事業費の総額との差額のことです。