生命保険会社が運用する資産は、安全性、収益性、換金性(流動性)、公共性の4つの原則に従って運用されていることです。
生命保険会社の資産運用は、金融の自由化などを背景にその運用方法も多様化しています。
運用対象は、有価証券(株式、公社債など)、貸付金、不動産などがあります。