生命保険会社の固有業務のひとつで、ソルベンシー(支払能力)を確保するため、契約者から払い込まれた保険料の中から積み立てられた積立金を運用する業務のことです。
積立金については、将来の保険金支払いを確実なものとするため、有価証券や貸付等確実で有利な資産に投融資を行なって有効に運用します。