保険会社が契約を承諾するか否かを決める要素となる、危険のひとつです。
代表的な事項としては、被保険者の体格・既往症・現症・身体の障害状態などがあります。