既存の生命保険契約の責任準備金を新たに加入する保険の一時払保険料あるいは前納保険料として充当する制度のことです。転換契約とも言います。
既存の契約の責任準備金を解約控除なしで全額転換価格として活用し、転換後の新しい契約の一部に充当するとともに、契約者配当の権利をそのまま生かして新しい保険に転換します。