同一被保険者の全契約について、死亡保険金額、入院給付金日額等をそれぞれ合計することです。
保険会社の規定で定められたこの上限の金額を通算限度額といいます。