一つの生命保険契約で、親子あるいは家族のように二人以上の被保険者の生死を関連させて、一つの条件を充たす場合に保険金が支払われる生命保険のことです。
一例として、こども保険は、こどもを被保険者とする生存保険と、その扶養者を被保険者とする定期保険の組み合わせによる一種の連生保険と見ることができます。