一つの生命保険契約で、二人以上の者を被保険者として、その中のどちらかが死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険です。
被保険者としては、夫婦または親子などが一般的です。