一つの年金保険契約で、夫婦など二人以上の者を被保険者として、その中の一人が死亡した場合に年金支払が停止するものです。
一人でも生存している場合に年金が支払われるものを、最終生存者年金といいます。