2006年4月に改正された保険業法で、基本的に無認可での共済運営はできないことになりましたが、人数の制限や、対象者など、ある一定の条件を満たした場合、この適用を除外されます。
これを適用除外共済と呼びます。監督官庁は付かないものの保障事業を行う場合、保険業法を遵守する必要があります。