年齢別および経過年数別に、各年齢の死亡率を調査して作成される死亡表のことです。
ある一定年数の経過後においては、大きな差異は認められなくなる点が考慮してあります。