予定と実際との差によって剰余金が生じた場合に、剰余金の還元として契約者に分配される金銭のことです。
配当金は予定率にもとづいて計算された保険料の事後精算としての性格を持っています。
生命保険において配当金は事業年度末に経過1年を超える有効契約に対して割当てられ、「契約者配当金」とも呼ばれます。
運用成績が予定を下回ったり、天変地異などで死亡率が上がった場合、配当金がないこともあります。