がん、急性心筋梗塞、脳卒中の三大生活習慣病により所定の状態になったとき、生存中に死亡保険金と同額の保険金が支払われる保険です。
この保険金を受け取った時点で、契約は消滅します。
三大生活習慣病に羅患しなくとも、死亡・高度障害になった時には、死亡保険金・高度障害保険金が支払われます。
重大疾病保障保険は、保険会社によって「特定疾病保障保険」「三大疾病保障保険」と呼んでいます。