14の身体部位(眼、耳、上・下肢、呼吸器、心臓、肝臓など)のいずれかが所定の重度障害状態になったとき、保険金を受け取れる保険です。