保険仲立人である銀行等が、事業に必要な資金の貸付を行なっている法人(代表者を含む)、個人および常時使用する従業員の数が50人以下(特例地域金融機関である場合は20名以下)、の小規模事業者が常時使用する役員・従業員のことです。
当該金融機関のこれらの銀行等の顧客に対しては、一定の保険を募集することが制限されます。
ただし、当該銀行等が協同組織金融機関である場合、当該金融機関の会員または組合員に対しては、保険契約者1人あたりの保険金その他の給付金の額の合計額が1,000万円までに限り、保険募集を行なうことができます。