病気や不慮の事故で長期の入院をしたとき、所定の入院給付金が受け取れる特約です。
長期の入院日数は、125日以上、180日以上などと定められていますが、生命保険会社によって異なります。