長期平準定期保険を長期定期保険と呼ぶ場合があります。
長期平準定期保険は、名前の通り、100歳、99歳、95歳など生命保険の満期が長期間となる定期型の死亡保険です。
基本的には掛捨ての保険とはなりますが、一定の保険料を長期間支払い続けるため、途中経過において解約返戻金が溜まっていき、さらに進むと貯まった解約返戻金を取り崩していき、満期時の解約返戻金はありません。