傷害特約等に基づき、所定の障害の状態になったときに、受取人に支払われる給付金のことです。
対象となる事故は、不慮の事故で、所定の障害の状態になると、その障害状態に応じた給付割合で支払われます。