生命保険契約を引き受けの際に、既往症などにより被保険者の体の危険度があまりにも高すぎて契約可能体でないことです。
「謝絶体」ともいいます。