生命保険で高額な死亡保障の場合、保険会社が保険料を一定の率で割り引くこと。保険商品・保険会社によって異なりますが、1千万円、2千万円、5千万円、7千万円などでバーを設けている会社が見受けられます。