5年ごとに通算して剰余が生じた場合には、配当金として分配する仕組の保険です。
この保険では、予定死亡率と予定事業費率が実績数値に近づくよう保険料が計算されており、その分保険料が安くなっています。