相続人が2人以上いる場合の遺産分割方法の一つで、遺言がないときに、各相続人の間で話し合って決める方法です。
共同相続人全員が参加して相続財産分割の協議をし、合意に達した場合は、分割をすることができます。