不法行為により、被害者が受けた精神的苦痛を精神的損害といいますが、この精神的損害に対する賠償として支払われる金額を慰謝料といいます。
慰謝料の算定には、明確な基準はなく、被害者の被害の程度・年齢・職業・社会的地位など種々の事情を考慮して認定されます。