拠出額(掛け金)を確定する年金で、金利環境等により給付額が変動する年金です。
確定拠出年金では運用リスクを加入者自身が負い、自己責任で年金資産を運用することになります。
給付額が定まらないため老後の生活設計を立てにくい面があります。
確定拠出年金には、企業に勤務する従業員を対象とし企業が掛け金を拠出する「企業型年金」と、自営業者や企業型年金を導入していない企業の従業員を対象とし個人が掛け金を拠出する「個人型年金」の二つがあります。
確定拠出年金は、「DC(Defined Contribution)」とも呼ばれ、アメリカの401Kプランが有名です。