加入した期間や給付水準に基づいて、あらかじめ将来支払う給付額が決まっている企業年金です。
あらかじめ給付額が決まっているため、加入者(従業員)にとっては老後の生活設計を立てやすい反面、定められた給付に必要な積立水準が不足した場合には、企業や国が追加拠出をする必要があります。
確定給付企業年金には、厚生年金基金、適格退職年金、規約型企業年金、基金型企業年金があります。
確定給付企業年金は、「DB(Defined Benefit)」とも呼ばれます。