年金制度発足時または制度変更時などに発生する積立不足のことです。
年金制度発足時に発生する積立不足は、制度発足時に退職金制度を移行した場合など、制度発足以前の期間を給付額計算期間に含めることで生じる積立不足を指します。
制度変更時に発生する積立不足は、制度発足後に給付増額等の制度変更を行った場合、予定した基礎率どおりに年金制度が推移しない場合(例えば、利回りが予定利率に達しない等)、財政再計算等で基礎率の見直しを行った場合などに生じる積立不足を指します。