一定条件の下で、老齢厚生年金に加算される形で一時的に支払われる上乗せ分の年金です。
加給年金の受給資格としては、厚生年金保険の被保険者期間の月数が原則として240月(20年)以上ある者で、生計維持を条件として65歳未満の配偶者や18歳未満の子供を扶養していることが原則として必要です。