地震保険でいう一部損とは、具体的には次のような損害の程度をいいます。
1)建物の主要構造部の損害額
  建物の時価の3%以上20%未満の場合
2)建物の床上浸水
  建物が床上浸水または地盤面から45cmを超える浸水を受けて損害が生じた場合で、その損害が全損・半損に至らないとき
3)家財
  家財の損害額が家財の時価の10%以上30%未満の場合