ビルや工場等で稼動可能な状態に設置されている機械・機械設備・装置について、誤操作、設計・鋳造・材質の欠陥、製作・組立の欠陥、遠心力に基づく破壊、ボイラの空焚き、物理的原因による破裂・爆発、落雷、凍結、電気的現象などによる事故によって被った損害に対して、損害発生直前の稼動可能な状態に回復するために必要な修理費用(損害保険金)と損害に伴って生じた費用(費用保険金)が新調達価額基準により支払われる保険です。