有効に成立している保険契約を、当事者である保険契約者および保険会社の合意によって保険期間の中途で終了させることです。
保険契約者は、保険会社に対する書面による通知によって保険契約を解約することができますが、これを任意解約または契約者請求による解約といいます。
この場合、規定により保険会社がすでに領収していた保険料につき既経過期間に対して短期料率を適用して計算した保険料を差し引いた残額(未経過保険料)が返還されるのが一般的です。