損害賠償額を算出する場合に、被害者にも過失があれば、その過失割合に応じて損害賠償額が減額されることをいいます。
交通事故においては、加害者側が一方的に悪いようなケース(過失100%)はまれで、被害者側にも落ち度(過失)があるのが一般的であり、このような場合には、加害者は、被保険者側の過失の割合に基づき、被害者側が負う分を差し引いて、被害者に損害を賠償することになります。