契約の際、保険期間の全保険料を一時に払い込む方法のことです。
一時払は、月払、半年払や年払などに比べて、一定の保険料割引があるために保険料が割安になるというメリットがあります。
しかし、保険事故などが起こった場合には、既に払い込んだ保険料が戻ることはありません。