年金支払開始日以後、被保険者が亡くなったときに、それまで受け取った年金の累計額が年金原資に満たない場合は、差額を一時金として受け取れる終身年金です。