生命保険募集人として必要とされる生命保険の基礎知識を修得する「一般課程」研修を履修した者が、受験できる試験です。
生命保険業界の共通教育制度の一環として毎月実施されています。
一般課程試験に合格しないと、生命保険募集人になるための内閣総理大臣(金融庁長官に権限を委任)への登録申請をすることができず、保険募集を行なうことができません。