被保険者が寝たきりや認知症(痴呆)になり、介護を必要とする状態が一定期間継続したとき、介護年金や一時金が支払われる保険です。
被保険者の要介護状態が継続される限り生涯にわたり介護年金の支払いが保障されるもの、要介護状態になった当初の一定期間に多額の介護年金が支払われるもの、一時金が支払われるものがあります。
長期間要介護状態に該当しなかった場合、祝金が支払われるものもあります。
保険事故の要介護状態の判定基準は、一般的には公的介護保険の判定基準とは異なりますが、公的介護保険の判定基準に連動させるものもあります。
公的介護保険制度を補完するものとして活用が期待されています。