寝たきりや認知症(痴呆)によって介護が必要な状態になり、その状態が一定の期間継続したときに、一時金や年金が受け取れる特約です。
介護特約には、公的介護保険の要介護認定に連動して、一時金や年金が受け取れるタイプもあります。