積立性の高い生命保険における生命保険の商品設計の一つ。
保険期間よりも保険料支払期間が短いタイプの生命保険で、保険料を支払っている期間の解約返戻率を抑制し、保険料支払い満了後に、解約返礼率が一挙に高くなるタイプの積立型生命保険。
効果として解約返礼率のピークが高くなる半面、保険料を支払っている期間に解約すると通常の積立率よりも分が悪くなるデメリットもある。
『解約返礼率抑制型』とも呼ばれている。