保険会社は、所有する株式・債券等の価格変動による損失に備えるため、内閣府令によって定められた方法で計算した金額を価格変動準備金として積み立てます。
価格変動準備金は、株式等の売買による損失等の額が株式等の売買による利益等の額を超える場合に、その差額の補てんに充てるときのみ使用することができます。
価格変動準備金は、保険業法による準備金の一つです。