終身保険や医療保険などの主契約に、本人の医療保障と同時に家族の医療保障を確保できる特約の型です。
タイプとしては、「本人・妻(配偶者)子型」「本人・妻(配偶者)型」「本人・子型」の3つあり、家族構成に応じて選べます。
この家族型の保険に加入すると、本人だけでなく家族がケガや病気で入院・手術した場合にも、入院給付金や手術給付金を受け取れます。
ただし、家族の入院給付金額は本人分の一定割合(一般的には6割)となっています。