主契約に付加される特約で、家族全員の病気や災害による入院や手術などを保障するものです。
特約の保険料は、主契約の被保険者の年齢によって決定されます。
特約の対象となる被保険者は、「本人・妻子型」、「本人・妻型」、「本人・子型」があります。
子供の人数は保険料には影響せず、契約後に生まれた子供にも付保されます。
主たる被保険者が死亡した場合、通常、家族特約の保障も終了します。