保険契約において、保険会社が負担する責任の対価として、保険契約者が保険会社に支払うべき金銭のことです(商法第673条、第683条第1項、第647条)。
正式には、「保険料」や「営業保険料」といいます。