実在・実態のない架空の保険契約のことです。
架空契約は、「作成契約」とも呼ばれます。
保険会社は、架空契約や保険金詐欺を目的とする契約等の不正な保険契約の発生を防止するために、契約締結の際に本人確認を行います。
本人確認の方法については、「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」に規定されています。