日本では1867年(慶応3年)に福沢諭吉が欧米の近代的保険制度を紹介したことが発端となり、明治時代に生命保険会社が設立されました。