確定年金は、被保険者の生死に関係なく、あらかじめ定められた一定の期間中のみ、年金が支払われるものです。
年金受取期間中に被保険者が死亡した場合には、残りの期間に対応する年金または一時金が、相続人などあらかじめ定められた者に対して支払われます。