保険会社が保有する契約全体に対しての、解約と失効の割合をあらわしたものです。
解約・失効率は、経営効率を判定する指標のひとつで、解約・失効保険金額÷年度初保有保険金額で求められます。