契約者が有効中の保険を、保険契約加入時から短期間で解約した場合に、解約返戻金から一定の金額が控除されることです。
解約控除はぺナルティーの意味合いもありますが、生命保険の場合は、初年度に新契約費として相当額の経費が必要なために、保険加入後経過期間が浅い時期は、新契約費の未償却額に対する解約控除を設けています。
また、保険会社破綻時にも、保険契約を引き継ぐ保険会社へ保険契約を移転したあと一定期間のあいだに解約をすると、解約返戻金が削減されることがあります。
契約を引き継ぐ保険会社が、保険契約を有効に継続させていくために、一定の保険契約者数を維持する必要があるための措置です。