生命保険契約において、配当金を一時払の保険料として充当し保険金を増額していく方法です。